2011/03/17

Windowsイベントログの解析(12)

この記事は、イベントビューアの「DNS」カテゴリ。
IDは4004、4015、6702。

イベントIDが分かっても、ググると意外と出て来ないWindowsのエラー。
とりあえず、自分が解析を頼まれて調べたものを載せてみます。
あまり役には立たないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。





■イベントID 4004
イベントの種類: エラー
イベント ソース: DNS
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 4004
日付: 2010/08/15
時刻: 12:51:53
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
DNS サーバーは、ゾーン . のディレクトリ サービスの列挙を完了することができ ませんでした。DNS サーバーは Active Directory から取得した情報をこのゾーン用 に使うように構成されており、その情報なしではゾーンを読み込むことはできませ ん。Active Directory が正しく機能していることを確認して、ゾーンの列挙を繰り返してください。 拡張エラーのデバッグ情報は "" です。これは空の場合もあります。 イベント データにはエラーが含まれています。

≫解決策
無視してもシステムの動作には影響はありません。
Active Directory 統合DNSゾーンにおいてゾーン呼び出し時にエラーが
発生したことを示していますが、一時的な事象のため問題ありません。
OS起動時またはシャットダウン時に発生する場合は、
DNSとActive Directoryの終了/再起動のタイミングによるものですので、
イベントを無視します。


■イベントID 4015
イベントの種類: エラー
イベント ソース: DNS
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 4015
日付: 2010/08/15
時刻: 12:51:53
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
DNS サーバーは Active Directory からの致命的なエラーを発見しました。 Active Directory が正しく機能していることを確認してください。 拡張エラーのデバッグ情報は "" です。これは空の場合もあります。 イベント データにはエラーが含まれています。

≫解決策
無視してもシステムの動作には影響はありません。
OS起動時またはシャットダウン時に発生する場合は、
DNS と Active Directoryの終了/再起動のタイミングによるものですので、
イベントを無視します。


■イベントID 6702
イベントの種類: エラー
イベント ソース: DNS
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 6702
日付: 2009/10/16
時刻: 19:11:45
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
DNS サーバーは、自身のホスト (A) レコードを更新しました。 DS 統合ピア DNS サーバーがこのサーバーをレプリケートできることを確認するため、新しいレコ ードを使った動的な更新が試みられました。この更新を実行中にエラーが発生しました。レコード データはエラー コードです。

この DNS サーバーに DS 統合ピアがない場合、このエラーは 無視することができます。

この DNS サーバーの Active Directory レプリケーション パートナーが、このサーバーの 正しい IP アドレスを持っていない場合、レプリケートを行うことはできません。

正しいレプリケートを行うには次のことを実行してください:
1) DNS サーバーを実行している、このサーバーの Active Directory レプリケーション パートナーを探す
2) DNS マネージャを開き、各レプリケーション パートナーに順番に接続する
3) 各サーバーで、このサーバーのホスト (A レコード) 登録を確認する
4) このサーバーの IP アドレスに対応していない A レコードをすべて削除する
5) このサーバー用の A レコードがない場合は、このサーバーのアドレスに対応 し、レプリケーション パートナーがアクセスできる A レコードを少なくとも 1 つ追加してく ださい。(この DNS サーバーの IP アドレスが複数ある場合、更新しようとして いる Active Directory DNS サーバーと同じネットワークにある A レコードを 少なくとも 1 つ追加してください)
6) 注意: すべてのレプリケーション パートナーを更新する必要はありません。このサーバー をレプリケートする各サーバーが新しいデータを (レプリケートすることで) 受信するために必要 なレプリケーション パートナーのレコードを修正してください。

≫解決策
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B894292&sd=fuj&fr=0
単一ラベルドメイン名を使用している際に記録される仕様動作です。

(抜粋)
レコードの登録は DNS クライアントリゾルバにより定期的に実行されるため、 DNS サーバーサービスによる登録が失敗しても影響が無く、このエラーログは無視することができます。
なお、<ドメイン名>.<ドメイン名> ゾーンをあらかじめ作成しておくことにより未然に防ぐことができます。


お役に立ちましたら、ポチッと押してあげてください。

関連記事





Windowsイベント解析 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示