2011/03/17

Windowsイベントログの解析(14)

この記事は、イベントビューアの「ディレクトリサービス」カテゴリ。
IDは1084、1481、2108。
ちなみにこの3つのイベントは、3つで1セットのようです。

イベントIDが分かっても、ググると意外と出て来ないWindowsのエラー。
とりあえず、自分が解析を頼まれて調べたものを載せてみます。
あまり役には立たないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。





■イベントID 1084
イベントの種類: エラー
イベント ソース: NTDS Replication
イベント カテゴリ: レプリケーション
イベント ID: 1084
日付: 2010/8/01
時刻: 15:11:24
ユーザー: xxx
コンピュータ: ***
説明:
内部イベント: Active Directory は、次のソース ドメイン コントローラから受け取った変更で次のオブジェクトを
更新できませんでした。これは、ドメイン コントローラ上の Active Directory に変更を適用中に
エラーが発生したことが原因です。

この更新の問題が訂正されるまで、ローカル ドメイン コントローラとソース ドメイン コントローラの同期は、
この更新の問題が訂正されるまでブロックされます。
この操作はスケジュールされた次のレプリケーションで再試行されます。

ユーザー操作
この状況がシステム リソースの不足と関連すると思われる場合 (たとえば、物理メモリまたは仮想メモリの容量が不足している場合) は、ローカル ドメイン コントローラを再起動してください。

≫解決策
サーバ負荷やネットワーク負荷等で、一時的にドメイン間の複製に失敗したと考えられます。
単発の場合はリトライで複製できており、対処の必要はありません。
(参考)http://support.microsoft.com/?id=837932


■イベントID 1481
イベントの種類: エラー
イベント ソース: NTDS Replication
イベント カテゴリ: 内部処理
イベント ID: 1481
日付: 2010/8/01
時刻: 15:11:24
ユーザー: xxx
コンピュータ: ***
説明:
内部エラー: オブジェクト上の操作は失敗しました。

≫解決策
イベントID:1481,1084,2108は、単発の場合はリトライで複製できており、対処の必要はありません。


■イベントID 2108
イベントの種類: エラー
イベント ソース: NTDS Replication
イベント カテゴリ: レプリケーション
イベント ID: 2108
日付: 2010/8/01
時刻: 15:11:24
ユーザー: xxx
コンピュータ: ***
説明:
このイベントには、以前にログが記録された 1084 イベントの REPAIR PROCEDURES が含まれています。このメッセージは、このレプリケーション先の Active Directory データベースの一貫性に特定の問題があることを意味します。レプリケートされた変更を以下のオブジェクトに適用しているときにデータベース エラーが発生しました。データベースに予期しない内容が含まれていたため、変更を適用することができませんでした。

≫解決策
単発の場合はリトライで複製できており、対処の必要はありません。
(参考)http://support.microsoft.com/?id=837932


お役に立ちましたら、ポチッと押してあげてください。

関連記事





Windowsイベント解析 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示