2011/03/17

Windowsイベントログの解析(17)

この記事は、イベントビューアの「ファイル レプリケーションサービス」カテゴリ。
IDは13560、13566。

イベントIDが分かっても、ググると意外と出て来ないWindowsのエラー。
とりあえず、自分が解析を頼まれて調べたものを載せてみます。
あまり役には立たないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。





■イベントID 13560
イベントの種類: 警告
イベント ソース: NtFrs
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 13560
日付: 2010/**/23
時刻: 15:35:13
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
次のエラー状態から回復するために、ファイル レプリケーション サービスにより、レプリカ セット "DOMAIN SYSTEM VOLUME (SYSVOL SHARE)" から このコンピュータが削除されています。
エラー状態 = FrsErrorSuccess
次のポーリング (5 分後) のときに、このコンピュータはレプリカ セットに再度追加されます。
コンピュータが再度追加されると、レプリカ セットに対して完全なツリーの同期が行われます。

≫解決策?
他のファイルレプリケーション関連のエラーに引きずられて出ている感じが…。
そちらを解消すれば消える気がする。

(参考)http://support.microsoft.com/kb/249256/ja


■イベントID 13566
イベントの種類: 警告
イベント ソース: NtFrs
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 13566
日付: 2008/**/23
時刻: 15:39:04
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
ファイル レプリケーション サービスでは、システム ボリュームのデータをスキャンしています。このプロセスが 完了するまでコンピュータ *** をドメイン コントローラにすることはできません。 それからシステム ボリュームは SYSVOL として共有されます。
SYSVOL の共有を確認するには、コマンド プロントで次のコマンドを実行してください:
net share

ファイル レプリケーション サービスでスキャンの処理が完了すると、SYSVOL の 共有が表示されます。
システム ボリュームの初期化には時間がかかる可能性があります。 この時間はシステム ボリュームのデータ量によります。

≫解決策
無視しても、システムへの影響はないみたい。

(参考)http://support.microsoft.com/kb/838803/ja


お役に立ちましたら、ポチッと押してあげてください。

関連記事





Windowsイベント解析 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示