2011/04/12

Windowsイベントログの解析(20)

この記事は、イベントビューアの「アプリケーション」カテゴリ。
IDは3、33。
ちなみに3は「vmdebug」のものとなります。

イベントIDが分かっても、ググると意外と出て来ないWindowsのエラー。
とりあえず、自分が解析を頼まれて調べたものを載せてみます。
あまり役には立たないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。





■イベントID 3
ログの名前: Application
ソース: vmdebug
日付: 2011/02/22 16:34:37
種類: 警告
イベント ID: 3
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
VMDebug driver (version 7.3.4.3) was not enabled. This driver is required
by the replay debugging feature of VMware Workstation. If you are using other
VMware products or not using replay debugging. please ignore this message.

≫解決策
ESX では使用しないドライバが有効にならないことを示すメッセージ。
VMware Workstation以外の製品を使用している場合は、無視してOK。

下記のVMwareのKBを参考に、レジストリを弄ればメッセージを抑制できるらしい。
http://kb.vmware.com/kb/1007652


■イベントID 33
ログの名前: Application
ソース: SideBySide
日付: 2011/02/1 16:34:37
イベント ID: 33
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピュータ: ***
説明:
"C:\Program Files\VMware\VMware Tools\VMControlPanel.cpl" のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。 従属アセンブリ Microsoft.VC80.MFC,processorArchitecture="x86",publicKeyToken="1fc**3b9a1e18e3b",type="win32",version="8.0.50608.0" が見つかりませんでした。 詳細な診断を行うには sxstrace.exe を実行してください。

≫解決策
Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableのバージョンが古い?

(参考)http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/s.html

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ↓
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=eb4ebe2d-33c0-4a47-9dd4-b9a6d7bd44da&displayLang=ja


お役に立ちましたら、ポチッと押してあげてください。

関連記事





Windowsイベント解析 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示