--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2011/06/21

VMware ESX Server/vSphere4.1メモ(5)

■ダウンロードした仮想マシンゲストの再構成

ダウンロードした仮想マシンゲストのデータをアップロードした後、
「カスタム構成」で仮想マシンを再作成する。
(作成ウィザードを進めると、途中でデータを選ぶ項目が出てくる)


■ゲストOS用ネットワークを見るには

ゲストOS用ネットワークは、管理画面からしか見えない。
ESXサーバでifconfig -aを実行しても、
見えるのはサービスコンソールのアドレスだけ。


■ゲストOSに割り当てた容量の増減

ゲストOSに割り当てた容量は、作成後の拡張は可能だが、減らすのは不可能。
割り当て容量を多くしすぎた場合、ゲストの再構成になるので要注意!


■仮想OSでホストサーバのCDを読み込む

ローカルドライブが既定のE:\ではない場合(F:\とか)、
一度vSphere Clientを閉じて再接続しなければ、仮想OSから接続できない。
imgは専用の項目があるので、たぶん大丈夫。

関連記事






仮想化関連 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。