--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2011/08/04

vCenterのリンクモードについて

「vSphere 基本システム管理」
http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vsp_40_admin_guide_ja.pdf

(VMware抜粋)
・張性の高いアーキテクチャと、複数の vCenter Server インスタンスにわたる視認性を
 提供します。インフラストラクチャ全体で、ロール、権限、およびライセンスが
 レプリケーションされるため、すべての vCenter Server のインベントリに同時に
 ログインし、インベントリの表示や検索を実行できます。

(VMware抜粋)
・vCenter Server システムをリンク モードで相互に接続すると、
 管理者は、接続された複数の vCenter Server 間でロールやライセンスを共有できます。
 管理者は、1 つの vSphere Client セッションを起動することにより、インベントリ
 全体の概要を取得できます。また、vSphere Client では、複数の vCenter Server
 システム間のすべてのオブジェクトを検索する詳細検索インターフェイスをサポートします。
 『vSphere 基本システム管理』 を参照してください。

・Microsoft ADAM/AD LDS を使用してリンク モードを有効にする。

・Microsoft ADAM/AD LDS は自動的にインストールされる。

・複数のvCenterが稼動している場合に有効な管理手段。

・リンク モードで接続されたvCenter Serverシステム間で、
 ホストまたは仮想マシンの移行は不可能。


…とりあえず、こんな感じ(如何せん、使ったことがない)

関連記事






仮想化関連 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。