2011/07/24

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2

Part1見てないけど、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」を見てきました!

まあ、いろいろあるけどそれは続きから。
とりあえず。

すべてのキャスト・スタッフの皆様、お疲れ様でした…!!

映画は3作目以降はいろいろこう、思うところありすぎて、
ついにPart1は見なかった。きっとレンタルでも見ない気がする。
でも、それでも、ハリーに出会えてよかった。
映画を見てよかった。

ハリー・ポッターという作品を世に出してくれた、
原作者様と出版の方々に、深い感謝を。

ありがとう、ハリー。本当に、お疲れ様…!!






さて、感想。支離滅裂ですが。

上手いことまとめたなあ、と。
最後だからと、2部に分けたのが項を奏したのかも、などと思ってみたり。
原作はずいぶん前に読んだきりなので、ちょっと後半だけ読み直したい。

大好きなベラトリックス様が、あまり目立たなくて残念でした。
…つまりPart1見ろと(苦笑)
ヘレナさんほんと好きです。あの演技力はもう壮絶。

双子呪文が地味に恐ろしいですね!
ポーン!カシャン!って2つになって、それがねずみ算。
そりゃ埋もれる。
ハーマイオニー男前ですね!
「無謀なの!」って叫んだかと思ったら即実行。ドラゴンの背にひらり。
自他共に認める空の友達、ハリーもびっくりだ(笑)
確かハリーって、箒乗りの名手だったよね?

個人的に、一番うわっと来たのは、スネイプ先生の死ぬシーンです。
というか、ナギニに殺されるシーン。
ガラス越しに見る、というあの演出がほんと憎い。素晴らしかった。
きっと私、あのときハリーと同じ表情してた。

リリーとスネイプの過去編、さすがにぶった切られてましたね。
あれじゃあ、ジェームズがどんな子供だったか分からないよ(苦笑)
スネイプの言ってた「傲慢で~」の下りが間違いじゃないってことが分からん。

ネビルとルーナが良い役です。ルーナ役の子がほんと嵌ってるなあ、と。
映画が始まるときに初めてハリー役のラドクリフ君を見て、「!!!」って思ったのと
同じくらいには「うわ本人がいる!」って思ったよ。

シリウス役の俳優さんの顔をさっぱり覚えてなかった自分に絶望した。

個人的には、最後のサシ勝負はもっとこう…うん、物足りなかった。
原作読んだときは、凄い燃えたんだけどな。
ていうかハリー、あなた透明マントで隠れなかったね?(笑)

ニワトコの杖、「え?!」って思って確かめたら、やっぱり原作と違う末路でした。
だよね。折らなかったよね原作。
あっさり折れるような作りしてるのか?と、そっちが気になった。

そして19年後。
息子のアルバスくんが、第1作目のハリーを彷彿とさせます。
「組み分け帽子は考慮してくれる」って、実体験済みなハリーお父さん(笑)
ドラコのお相手って誰だったっけ…。
ハーマイオニーがさっぱり年取ってない。凄いな!

どこかでちらっと見ましたが、原作者によると、
19年後のハリーは、魔法省闇祓い局の局長になっているらしい。さすが!
いやでも、彼以外に闇の魔術に対する魔法を扱える魔法使いは居ないよな…。


ふう。感想はこんなところです。
原作者のJ・K・ローリング氏が、電子書籍版のハリーを発売するみたいですね!。

ハリーの誕生日である7/31に、「ポッターモア・ドット・コム(Pottermore.com)」を開設する。
→ソース元・6/24版CNN.co.jp

ところでハリーの正式な名前が「ハリー・ジェームズ・ポッター」だと、
ついこの間知りました。ミドルネームの罠…(苦笑)

関連記事





感想・レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示