--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/06/02

2008Serverメモ。その2(TS編)

TS(ターミナルサーバー)について。
…いえ、実際使われてる企業さんはまだ見たこと無いですが。

ちょっと気になった部分だけメモ。






・ターミナルサービス
 ライセンス「管理用リモートデスクトップ」
 ⇒ターミナルサービスの構成ツールを利用して、
  新規接続の構成設定、既存の接続の設定変更、および
  接続の削除が出来る。
  設定は接続単位、サーバ単位のどちらも可能。

・ターミナルサービスを利用するには、TS CALが必要。
 正確に言うと、TS上でアプリケーションを動作させる場合に
 必要になる。
 デバイスCAL…セッション実行単位はデバイス。
        使用するユーザは問われない。
 ユーザーCAL…セッション実行単位はユーザー。
        使用するデバイスは問われない。
  追記:管理目的に限り、2 人のユーザーまたは 2 台のデバイスまで
     TS CALやWindows Server CAL を保持せずに
     アクセスすることが許諾されています。…と公式サイトより。

ちなみに。
ライセンスサーバをアクティブに出来ない(MSのライセンスチェックが必要なため)ので、RemoteAPPの実験は、ライセンスを持っている状態でなければ不可能です。

結局分からないままですよ…orz


関連記事





Windows Server | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。