2013/04/15

Excel/エラー「移動またはコピーする数式またはシートには…」

Excelにてこんなエラー。
「移動またはコピーする数式またはシートには、移動またはコピー先のワークシートに既にある名前’***’が含まれています。この名前を使用しますか?」

エクセル2010にて、このエラーに対処しました。
その1。
1)上部タブから[数式]-[名前の管理]をクリック
2)表示された一覧の最初の行をクリックし、「Shit」+「最下行クリック」で全選択
3)【削除】をクリック

…で、ここからが本題。
その1を実行してもしつこく同じエラーが出る場合、名前が非表示になっているらしい。
そこで以下のその2を実行します。

エクセル2010にて、このエラーに対処する。
その2。
(1) 該当のエクセルファイルを開く
(2) 「Alt」+「F11」を押し、VBA編集画面を開く
(3) 上部メニューの[挿入]-[標準モジュール]をクリック
(4) 開いた白紙の画面に、以下を入力する

Public Sub DeleteNames()
Dim wName As Object
Dim wCnt As Long

For Each wName In Names
If wName.Visible = False Then
wName.Visible = True
wCnt = wCnt + 1
End If
Next
If wCnt <> 0 Then
MsgBox wCnt & "個の名前定義が見つかりました。", vbInformation
Else
MsgBox "非表示の名前定義はありません。", vbExclamation
End If
End Sub

(5) 「Alt」+「F11」でエクセル画面に戻る
(6) 「Alt」+「F8」を押してマクロ実行画面を出す
(7) 先ほど入力した文字列が「DeleteNames」という名前で表示されているので、
  それを選択して【実行】をクリック
(8) 「**個の名前定義が見つかりました」と出るので、【OK】をクリック
(9) 上部タブから[数式]-[名前の管理]をクリック
(10) 表示された一覧の最初の行をクリックし、「Shit」+「最下行クリック」で全選択
(11) 【削除】をクリック

これで出なくなるはず!
私の場合、とあるエクセルファイルには555個もの非表示の名前がありました。どんだけー…。
おかげでこのエラーからようやく開放されました。

ちなみに。
その2の項4を入力したファイルは、別名でVBA込みの保存をすれば
上記手順を他のファイルで前半飛ばして実行出来ます。

1. VBAを挿入したエクセルファイルを「名前をつけて保存」
2. ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」にして適当な名前で保存する
3. 名前の定義を削除したいエクセルファイルを開く
4. VBAを挿入したエクセルファイルを開く
5. その2の(6)から手順を実行する

心当たりのあるファイルは、全部やっつけてしまいましょう。


こちらの記事を参考にしました。
http://crazycat.jp/?p=31


関連記事






Word・Excel・PPメモ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示