--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2013/08/05

コマンド「certutil」


IEに証明書をインポートするコマンド
コマンドプロンプトを開き、以下を記述して実行する。

certutil -addstore Root 証明書のパス

このコマンドで、指定した証明書が「信頼されたルート証明機関」にインポートされる。
実行には管理者権限が必要なため、コマンドプロンプトを右クリック→「管理者として実行」すること。
IEの[ツール]-[インターネットオプション]-[コンテンツ]-[証明書]でインポート状態を確認。

・削除方法
削除がグレーアウトしている場合は、以下の手順で削除する。
1.コマンドプロンプトを管理者で実行し、[certmgr.msc]を実行
2.開いた証明書GUIで目的の証明書を右クリックし、「削除」をクリックする

・その他
証明書インポートをbatファイルとして実行し、インポート出来ないこともない。
ただし管理者ユーザのパスワード入力が必須になるので、全自動は不可能。
以下の記述をメモ帳にコピーし、.batでファイルを保存すること。

@echo off
runas /user:administrator certutil
certutil -addstore Root D:¥servercert.cer

解説
runasでadministratorアカウントへチェンジ。
(このとき、パスワードの入力を求められる)
チェンジしたadministratorアカウントでcertutilを実行する。


関連記事






Windowsコマンド | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。