--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2015/11/21

映画 グラスホッパー 感想


生田斗真と山田涼介が共演する?それは見なくちゃ!!
…という、半ば義務感を覚えて見に行ってきました。
いや、どっちも大好きなんですよ…。最近アニメ映画ばっか見てたから新鮮。
ちなみに原作は読んでないです。

以下、ネタバレになるので折りたたみで。







斗真くんと山田くん、まったく絡んでないやーん('、з っ )っ
これに尽きる…。

正解は「物語の中で間接的に関わる(キャラクター的には無接触)」。
…DM見てて、あの2人がどう絡むのかめっちゃ楽しみだったんだが。
うん、いや、映画としては面白かったから別に良いけども。
なんかのインタビューで「別撮りだった」って言ってたのも、そりゃあそうですよねっていう。

化学教師だった鈴木さん(斗真くん)。
ハロウィンの日に渋谷のスクランブルで暴走した車により、未来の妻を亡くす。

…あの渋谷ハロウィンな、あれ現実としていろいろ酷いと思う。
ハロウィンは子どもにだけ許されたトリック・オア・トリートだよ。
大人が馬鹿騒ぎするものじゃないよ。
今まで自ら公序良俗を守ってきたコスプレイヤーさんたちに謝れ(本気で)

閑話休題。

裏には組織的な思惑がありました。
教師を止めて、いかにも怪しげな会社で働き始める鈴木さん。
社長のお姉さん美女です。でも怖いです。
後々で3人撃ち殺すときの「幾らしたと思ってんだよっ!」がめっちゃ怖かった。

唐突に現れた、教え子だというイマドキっぽい女の子。
この子は結局のところ、組織の頭を潰すために送り込まれた対組織側の殺し屋(毒物系)だったわけですが、麻薬混じりのジュース一気飲みしてたけど耐性あったんかな…。注射器ぶっ刺して殺してた気がするから、あるんだろうな。
ああ、そんなことより物凄いとこからナイフ出しましたね??(笑)
まあ女なら、そこに隠すのが一番見つからないとは思います。ええ。
「そういやDEATH NOTEではブラの中に隠してたね」って思いだしたよ。
3日〜7日くらい監禁されてたと思うんだけど、水と食料なしだったんだろうか…。プロだから耐えれるのか?

そして押し屋。あれ怖い。ほんとやばい。
一般人が一番遭いそうなアレ。横断歩道と踏切と電車のホーム。めっちゃ危ない。
平日の通勤ラッシュでも十分怖いのに、それを明確な殺意を持ってやる人間がいるってことだろ…。怖すぎる。
しかも避けられないでしょアレ…。気をつけよう。

押し屋に殺された息子。
ドンッ! グシャッ! グッシャアッ!!

あかん…これあかんやつや……_:(´ཀ`」 ∠):_
さすがのPG12です、先生…。
ちなみにこれで轢いてしまった加害者かつ被害者である運転手さんたちは、先述の美女に上の台詞と共に射殺されました。うわぁ…。

鈴木さんは、ひたすらに巻き込まれ利用されるキャラでした。
対組織側いわく「保険」をつけて死なないようにはしていたようですが、いやいや…。普通死んでますね、ええ。
鈴木さんの未来の奥さんは、交差点で男の子を助けてました。
実はその子が山田くんの役柄である「蝉」かなって思ってた頃が、私にもありました(´v`)
実のところ鈴木さんの復讐先捜しは半年後くらい。夏だったし。
つまり事件のときに5歳くらいの子どもが、作中の蝉くらいにはどうしてもなれないわけで。

無表情でワイルドに殺していく蝉さん、パネェっす。
実写版金田一のときに、山田くんが着痩せタイプで脱いだら凄いのは知ってましたが。ええ。
アイドルは完全に肉体派だからな?凄いんだぞ…。女のアイドルも凄いんだぞ……。
ナイフ捌きに体捌き、膝打ちとかほんと痛そう。
しじみかあ…。しじみの泡かあ……。

自殺専門の殺し屋の鯨さん(浅野さん)。
若干、能力的な感じがするけど、ああいう人は実際にいそうだ。
最終的に鯨と蝉はガチで殺し合いするんだけど、伊坂幸太郎の作品って幽霊的な話あったっけ…?
そこがちょっと解せないが、映画オリジナルな可能性もある。

殺し合い→何となく分かり合う感じ→ただし譲れないものがある→敗ける?ないね!→双方死亡(道連れ)

ともあれ、鯨と蝉はこんな感じ。
いろいろあって1人生き残った鈴木さんが建物から出たとき、2人の死体に遭遇してギョッとしつつ逃げていきます。
自分の死体を見下ろしてる状態の霊体?の鯨と蝉が、鈴木さんを見送ります。
現世のいろんな柵から開放された2人は、鯨のキャンピングカーで蝉の自宅に向かうことにしたようです。
……え、幽霊って車動かせるんです???(真顔で)
あれ、つまり他の人から見たらキャンピングカーが勝手に動いてる?え、それなんてホラー…。

斗真くんと山田くんが絡むシーンを楽しみにしていた私的には、逃げてく鈴木さんに興味持って鈴木さんを追い掛ける蝉と鯨→鈴木さんちで始まるポルターガイスト、みたいなものを最後まで求めてたんだ…うん…(つд`゜)゜。

面白かったけどね!( ・`ω・´)
関連記事





感想・レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。