2016/01/15

Cent OS 7 コマンドメモ

何かいろいろ変わってたので覚書。

□再起動
# systemctl restart サービス名

□サービスの確認
# systemctl list-unit-files -t service

□時刻同期
# yum install chrony
# vi /etc/chrony.conf
viここから---------------------------------
# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
# 既存のリストはコメントアウトし参照したいサーバを追記
# iburstは起動直後にサーバに4回連続的に問い合わせをし時刻同期が早くなる
server 時刻同期サーバIP iburst

# NTPクライアントアクセス許可リスト
# デフォルトは全ての拒否となっているのでNTPアクセスさせたい場合は
# 最低一個のallowを記述する必要がある。
# allow 192.168/16
allow 時刻同期しにいくサーバのIP範囲 iburst

:wq!
---------------------------------ここまで
# systemctl restart chronyd.service
# date

□Firewallの停止
1)firewalld自動起動設定の確認
# systemctl is-enabled firewalld
# systemctl is-enabled iptables

2)firewalld停止
# systemctl stop firewalld

3)firewalld自動起動の停止
# systemctl disable firewalld
関連記事






Linuxコマンド | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示