--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2018/04/26

コンテナの作成と削除

Dockerでコンテナを作成して、削除するときの注意点。
※すべてsudoコマンドで実行。

# docker run -d --name AAA

このコマンドで、名前がAAAのコンテナが起動する。
このとき、Dockerの中では2つのことが起きている。

1)リポジトリがDockerHubからイメージをコピーする。
2)1でコピーしたイメージを、リポジトリからコピーしてコンテナを新規作成する。

Dockerの中にはリポジトリという倉庫があり、倉庫の中とコンテナ領域、それぞれにイメージがあることになる。
2)で作成したコンテナイメージと、1)でコピーしたテンプレートイメージ。
なので、削除する場合は両方を削除しなければならない。

# docker stop AAA このコマンドで2)を削除。
# docker rm AAA このコマンドで1)を削除。

なお、DockerHubとは何か、というのは下記記事を参照しました。

DockerHubの概要
https://qiita.com/daskepon/items/00a9dc98898d9f966e79

以上
関連記事






仮想コンテナ系 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。