--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2018/05/28

minikube〜Kubernetesがインストールされるに至るまで (5)

minikubeとは、ローカルで簡単にkubernetesを実行可能にするツールのことらしい。
ローカルのVM上にkubernetesの単一ノードを構築するもの。
なのでこれを使おうとすると、記事(1)のVirtualBoxは必須になる。
minikubeはコマンドを実行するだけで終わり。

公式サイト
https://github.com/kubernetes/minikube/releases

1)公式サイトに載っている下記コマンドを実行する。
# curl -Lo minikube https://storage.googleapis.com/minikube/releases/v0.26.1/minikube-darwin-amd64 && chmod +x minikube && sudo mv minikube /usr/local/bin/

パスワードを聞かれるので、パスワードを入力してEnter。

2)下記コマンドで構築を開始する。
# minikube start

3)下記コマンドで実行を確認する。
# kubectl config get-contexts

以下のような結果が返るはず。
---------------------------------------------------------
CURRENT NAME CLUSTER AUTHINFO NAMESPACE
* minikube minikube minikube
---------------------------------------------------------

以上。
関連記事






仮想コンテナ系 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。