--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2018/06/29

KubenetesとDockerの用語違い

自分の中で盛大に両者がこんがらがったので、整理。

まず、これがDocker。


で、kubenetes用語にするとこうなる。


つまり、Dockerだけで言うなら「コンテナ」だけれど、
kubenetes上では「pod」と言われる。よくある用語違い。
使う単語が違うだけで、言ってることは一緒。
ここが納得できてないと、この先kubenetes使えないというかワケワカラン。

もういっこ深くすると、これがDocker。


で、kubenetes用語にするとこうなる。


たとえDockerでも、物理OSに載っていることに変わりはない。
そんないわゆる基盤OSにあたる部分を、kubenetesではNodeと言う。

今回はここまで。

関連記事






仮想コンテナ系 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。