--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/08/02

ヱヴァンゲリヲン・破

昨日観に行ってきました!
前日、仕事の移動途中に映画館寄ってチケット買っといて良かった…!(おま、)
さすがファーストデー。凄い人でした。
予約した回の40分くらい前に着いたんですが、すでにエヴァのその回は売り切れだった模様。

思いっきりネタバレなので、折りたたみより。めっちゃ長いです(苦笑)
とりあえず、

なちゅらるにぷろぽーずせりふをはかないでくださいほんとうに。

心臓にとっても悪いです (*´д`*)ハァハァ
そして映画の内容が全部そっちに持ってかれたよさすがだね!(何が)
ひらがな文はつまり、エンドロール終わる前に出ちゃった人おつ!(笑)
本当に勿体ない。どんな映画観てても思いますけどね。
エンドロールまでひっくるめて1本の映画なのにね。
それにエヴァとか前のZとかみたく、アニメ映画の続き物はエンドロールに醍醐味があったりする確率も高いですし。

エンドロールと言えば、今回のハリーのエンドロールが物凄く好きです。
造りにかなり凝ってます。ああいう手の込み具合も大好きだ!(・∀・)






で、ですよ。
どうやら監督や関係者さんの話では、シンジ君の性格付けとかはまったく変わってないらしいです。
周囲の対応(特に大人)が半歩から1歩踏み込んだ形のため、彼が強くなったように見える模様。
…そうだよね。14歳だもんね。
中学2年生なんて、多感で複雑きわまりない年齢だもんね…(遠い目)
あらゆる人に「そうやってまた逃げるの?」って言われるけど、逃げたって良いよね子供だもん…。
シンジ君の居る環境がきっと異常だった。戦場だもの。

とりあえず、今回の映画はシンジ君が男前で誰かと思った (*ノェノ)

私、アニメはほとんど見た記憶無いけど、漫画は全部読んでる。
そして話題には事欠かないエヴァなので、アニメの中身は知ってる。
ので、弱いシンジ君じゃないこの映画はちょっとだけ違和感がありました。
特に綾波救出シーン辺りが。
いやでも格好良くて何も悪くないんですけどね!男前シンジ君も良い。
とりあえず、時系列に沿う努力をして以下。

弐号機にあっさりやられた使徒が素敵です。あの現代美術的なフォルム!
…うん、本当に瞬殺されちゃったけど。
前のダイヤモンド型のも、変形具合がとても素敵でした。グラフィックスが美しい。
アスカ登場!しかし…ツンデレ具合が柔らかいと感じた。はて?
海洋研究所のシーンが一番和みました。特に最初の検査シーン(笑)
綾波だけ常に反応無しで、それがあるからこそシンジ君たちの反応が楽しい。

爆弾使徒はシンジ君が全力で頑張ってたので、素で応援してしまった。
アスカも「もういっちょう!」とか、飾りっけも何も無しで可愛いかったです。
あ、加持さんへの恋愛描写とかは一切無しでしたね。
そして個人的に好きだったツインズな使徒が出て来なくてショックでした…。
あの辺りのシンジ君とアスカのストーリーがかなり好きだったんですが。

綾波とゲンドウの食事シーン、綾波の前にあるもの何なんでしょう…。

観に行った職場の人から聞いてましたが、新劇場版はどのキャラクターも人間味溢れてますね。
綾波が料理!しかもシンジ君とゲンドウの親子関係をなんとかしてあげたいとか、健気だ…!
ぽかぽか…そうか、ぽかぽかなのか。良い言葉です。
良い子だなあ、綾波。アスカも女の子らしいなあ (*´∀`*)
だからこそ、参号機の使徒化が一層悲惨…orz
トウジじゃなくて良かったとはとても言えない…。
あの実験開始シーンの子供の笑い声+イメージが、かなり怖いです。ぞわぁっときた。
ダミープラグでバッキリとやられた参号機…うわぁああアスカーーっ!!(叫)
どうやってアスカが助かったのかが逆に不思議です。
ちょうど初号機の牙じゃないところが座席だったのかな。

しかし、司令部の上に立つ初号機が格好良すぎて目眩がしました…(*´∀`*)
あのシーンが衝撃的です。

ところで皆さんが涙を誘われるシーンは綾波救出シーンとの話ですが。
私は今度こそきっぱりと『出て行く』シンジ君に、ミサトさんが必死に話すシーンで泣きました。
そうなんだよね、って共感できる台詞が多すぎて…(涙)

マリさんについて書くの忘れてた。中々にエヴァの中では異端的なキャラですね。
別の意味で好戦的だし、姉御肌。カヲル君と物凄く気が合うんじゃないかと勝手に思ってます(笑)
ビースト恐い。鬼気迫る表情のマリも恐ぇ…!
「はやくにげなよー。あたしもてつだうからサ」
この台詞が大好きです。ここで彼女がとても好きになった。

そして零号機。あのめちゃ強い使徒に一瞬でバックリ?! (; ? ) ゜ ゜
食った使徒が女性の形で歩いとる?!! (; Д ) ゜ ゜
おまけに初号機覚醒ってあんなだったっけ…っ?!!(; □ )  ゜ ゜

「私は死んでも、代わりは居るもの」
この綾波の名台詞を、素で意味はき違えて聞いてて帰って来てからハッとした。
『他のチルドレンが居るもの』という意味ではなくて、
『別の綾波レイが居るもの』という意味なんですよね。本来は。
…と考えると、人間味を与えた分、この台詞の重みが軽くなってしまったのかな。

覚醒初号機。
これは神だ。神に違いない。

この辺でエンディング入ったんだったかな。
そういえば月でゲンドウと冬月が見たカヲル君、うっかり裸なのかと思いました…。
ちゃんとジーンズみたいなの履いてましたね。
後のプラグスーツ着るシーンでときめきました。いちいち色っぽいよこの子!

で、初号機串刺し(あれは目が点になった。いくらサードインパクト阻止とはいえ)の後。
例の衝撃告白ですよ。カヲル君のアップってだけで心臓に悪いのにね!(苦笑)

「今度こそ、君だけは幸せにするよ。シンジ君」

こんな台詞をナチュラルに言えるのはカヲル君以外居ない(きっぱり)
私の目の前に机があったら、恥ずかしすぎて思いっきり叩いていたに違いない(反語)
ああもう、本当に石田ボイスの破壊力は凄まじい…!それだけで人殺せると思う よ !
てかそれプロポーズの言葉でしょ!シンジ君には聴こえてないけどね!(笑)

でも、なんで『今度こそ』なんだろう?

逆行とか輪廻とか、どこか別のエヴァストーリーとパラレルってるとか?
相変わらず、エヴァは謎が尽きないですね。それがまた魅力。


ふぅ。
ここまで語ったのはギアス以来のような気がする…。
次のQはやっぱり2年後かしら?あれは2本立てという解釈で良いのかな…?
関連記事





感想・レビュー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。