2009/09/05

VMwareServer(2)

あまりにも書かなさすぎですね…。
仕事ではWorkstationに乗り換えたので(古いバージョンですが)、
ちゃっちゃとServerの記事を書いて行きます。

続きより、「ローカルPCとVM上OSでファイルのやり取りをする方法」
ついでに「VMからインターネットへ接続する方法」

私がやっていた方法なので、必ずしも100%ではないかもしれませんが。
Serverの融通が利かないNo.1は、これだと思います。本気で。
ローカルとのドラッグ&ドロップが効かないなんて…。






とりあえず、ローカルとのファイルの遣り取りには共有を貼るしかありません。

1.
ローカル上の「ローカルエリア接続」一覧にある、「VM…」という名前のネットワークを編集します。「VMware Network Adapter VMnet1」は【Host-only】。
8はおそらく、【Bridge】設定のものかと思われ。
VM側のネットワークが【Host-only】なら、VMゲストOSのIPと同じネットワーク(第3オクテットまで)のアドレスを「VMnet1」に設定する(重複するので、IPアドレス末尾は替えること)
今回はゲストVISTAが[192.168.1.120]なので、「VMnet1」のIPを[192.168.1.140]とする。
もちろん、サブネットマスクも[255.255.255.0]に合わせること。

2.
ローカルに共有フォルダを作り、余裕があるならアクセス権も設定しておく。
これをVM上で利用するには、VMで「ネットワーク」を開きローカルPCの名前を開く。
(もしくは「ファイルを指定して実行」から、ローカルPCで設定したVM用IPアドレスを直打ち)
その下に作成した共有フォルダがあればOK。利用後は共有を切ること!

3.
共有フォルダのアクセス権は、[共有]タブ?[アクセス権]?【Everyone】にフルコントロール。
これをしないと、読み込めてもファイルを書き込めない。コピー出来なかったりとか…。


ちなみに、VMからインターネットに繋げる方法は以下。

1.VM内のIPアドレス構成を「DHCPから取得」に変更し、DNSも「自動取得」に変更。
2.VMブラウザ右下のネットワーク接続アイコン(緑のやつ)を右クリックし、【Edit...】
3.設定を「Bridged:」に変更し、再起動(再起動しないとネットワークが変更されない)
 (でも再起動せずに行けたりもする。基準が分からない…)
4.再起動後、IEを開く
  →ブラウザ(もしくはコンパネ)から【インターネットオプション】を開く
5.ローカル側でプロキシ等が設定されている場合、VM内でもプロキシ設定を行う。
 (【インターネットオプション】-【接続】-【LANの設定】-【プロキシサーバ】
  ⇒ここにプロキシアドレスを入力し、ポート番号を入力)

以上で繋がるはず。
これはローカル側のインターネット接続環境が「DHCP」じゃないと無理ですが。
関連記事





仮想化関連 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示