--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/05/16

WindowsServer2008トラブル

前ブログからの転載なので、日にちがずれまくってますが(苦笑)
2008年12月に発生した2008サーバのトラブル記録。


今回はF社のブレードサーバです。中身はWindows Server 2008。
FSMOなプライマリとセカンダリADな2枚、その他ブレードが4枚な構成。

発生した問題↓
1、ブレードサーバの画面切り替えボタンで、コンソール画面が切り替わらない。
2、AD DSの再起動後、DNSが応答せずAD自体も起動せず。


長いので続きよりドウゾ。







1、ブレードサーバの画面切り替えボタンで、コンソール画面が切り替わらない。
 > 今回はシャーシがフリーズしてた模様。

どれかのサーバに入って、その中で切り替えることは可能でした。
(=ソフトで切り替え)
なので、シャーシが問題ではないかという結論に。
さあ復旧作業だ。
まずはそのシャーシ内すべてのサーバをシャットダウンします。
落とす順番に要注意。
すべてのサーバをシャットダウン後、シャーシ本体の電源スイッチで
シャーシを落とします。
…が、シャーシ落ちず。( ゚д゚)なぜに?
仕方がないのでラックの背後へ回り、シャーシの電源を引っこ抜きました。
超強引。
その後コンセントを差し直し、シャーシの電源ボタンでスイッチオン!
無事、シャーシ再起動。
シャーシが上がったことを確認出来たら、サーバの電源を入れます。
順番は落とした順の逆。プライマリから上げましょう。

そこで2つ目のトラブル発生。

2、AD DSの再起動後、DNSが応答せずAD自体も起動せず。

FSMOだからかなぁと自分を納得させていたプライマリの起動の遅さ。
尋常でない遅さで、5分以上ログイン画面行くまで掛かった気がする。
とりあえずサーバへログインすると、サーバマネージャがおかしい。
ADとDNSが×マーク。(  ̄д ̄;)なぜに?
DNSマネージャを開けば、DNSの名前が空白な上に×マーク。
( ̄△ ̄;)え?
ログを見てみると、DNSで「AD DSの応答を待っています」
みたいなコメントが。そしてADでは「同期を待っています」と。
他のサーバで入ってみると、「同期完了通知を待っています」と言われ。
それぞれのサーバでpingは可、しかしインターネットはやはりというか到達出来ず。

まずはDNSサービスを再起動してみる→だめっぽい。
サーバサービスとかも再起動してみる→これもだめ。
仕方がないのでサーバ自体を再起動→またログインまで5分以上。

DNSサービスはちゃんと上がってくるのに動かないという、よく分からん状況に。
原因が分からず、ランクが上のSEにヘルプを出しても解決出来ず。
まさか時間が解決してくれるものなのか?

…1時間後。

DNSがマネージャで正常に稼働してる?!( д) ゚ ゚
マジか!単にログを洗っていただけなんだけど!
インターネットも出来るし他のサーバにも同期出来てる。え、なんだこれ!

で、知恵を絞った結果。
どうも再起動の裏でADの修復が走っていたのではないかと。
DNSは自動修復しないけど、ADは自動で修復するらしいので。

その修復が走る原因は、以前にレジストリを弄ったことではなかろうかと。

以前、V-Frameというツールが2008に対応し切れておらず、
ライセンス云々でレジストリを直に弄る必要性がありました。
この辺で他の設定に歪な部分が発生したのではないかというのが、
一番可能性高し。
レジストリの編集結果は再起動しないと反映されないので、
その当時に再起動してから問題が起きた?
まだすべてのログを洗ってないので、原因としてはここが第一でしょうか。


原因については、その2の記事で。

関連記事





Windows Server | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。