--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/10/20

VMwareServer(3)

とりあえず、VMwareServerに関しては今回の記事で終了。
メモがもう無い(…)次はWorkstationかParallels Desktopかな。

お題は「VMware Serverでpingを飛ばす」と「仮想ディスクの追加」
続きよりどうぞ。






≫ VMware Serverでpingを飛ばすには

VM上のネットワークを「Default Bridge」にする(疎通させる両方に対して)
もしくは、同じネットワーク設定にする(Host-Hostなど)
とにかく、設定を合わせないとネットワークアドレスが同じでも通信できない。
VMを2つ以上立てている場合に通信出来ないときは、まずここを疑うべきかもしれません。


≫ 仮想ディスクの追加方法

普通に作ると、C:\のみになります。

1.ディスクを追加したいOSをシャットダウンし、セッティング画面を開く。
  →【HardDisk】を選択→【add】

2.ウィザードが起動するので【次へ】→「HardDisk」を選択→【次へ】

3.新しく作るので「Create a new disk」を選択
  →「SCSI」を選択→何GBのディスクを作るのか設定、チェックは必要に応じて外す。
  →【次へ】

4.保存場所を設定、2GBファイルしかサポートしていない、と怒られたら
  「Yes」で了解する→【作成】


以上。
ドライブはどんどん追加出来るはずですが、物理ディスクとメモリにお気をつけ下さい。

関連記事





仮想化関連 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。