--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/10/31

音楽プレーヤーとイヤホン

私が使っている音楽プレーヤーは、「COWON D2 16GB」です。
D2の1つ前のバージョンだったかな。動画も見れるし、ラジオも聞けます。
イヤホンはついこの間、多摩電子工業のmu:grapherからVictorのHP-FX10に替えました。

音楽プレーヤーとイヤホンについて書いてみます。
…D2の「JetEffect」という機能が実はかなり凄いんじゃないかという話。
つい先日に気づいたことですけど(…)





皆さんはCOWONってメーカー、ご存知ですか?
韓国のメーカーで、いちおうヨドバシにもコーナーの広さは狭いけどありました。
どうやら、COWONは音質が良いことで評判のようです。
適当なイヤホンで聴いても、それなりの音質で聴こえるというか。
あと、値段。
iPodと同じデータ量、機能で約半額くらいになったり。

ところでこのD2、動画を見るのは面倒です。
付属のソフト「jetAudioVX」で変換したものじゃないと、基本は再生できません。
対応しているはずの拡張子の動画でも。
…なんて融通の利かない。

音楽は、mp3なら何でも聴けます(おそらく)
で、凄いのはここから。

「JetEffect」というD2内蔵の機能を使うと、音質を自分で変えることが出来ます。

私は基本的に、ジャンルを「POP」に設定して値を弄っています。
詳しい話をよく分かってなくても、音楽を聴きながら弄れば出来る。
それで、先日気づいたこの「JetEffect」の賢い使い方。

買ったイヤホンの音質に合わせて、「JetEffect」で音質を弄る。
→安物イヤホンでもそこそこ満足できる音質になる。

HP-FX10は、980円だけあって値段相応の音質でした。
中音→高音はそこそこ良い。中音→低音はのっぺりとしていて駄目。
中音→高音が良い(よく聴こえる)ということは、特に女性ボーカルだと伴奏に負ける。
しかも低音が悪いものだから、ドラム辺りが遠くで聴こえてパンチが効いてない。
それを「JetEffect」で弄り、大抵の曲をそこそこの音質で聴けるようになりました。

以上、よく分からないけどD2とイヤホンの話。
ちなみに映画とかを「jetAudioVX」で変換しても、ほぼ確実に音声と映像がずれます。
動画系はまったく詳しくないので、諦めました(苦笑)
音楽のPV程度なら大丈夫みたいですね。
関連記事





雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。