--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/11/09

Symantec Endpoint Protection


2008にSEP11を入れました。
サーバにクライアントをインストールしました。

administratorでログイン出来ないんです が !(ガクブル)

…というトラブルに見舞われました。その対処法。
他に、インストール時の注意などを自分メモ。






☆2008サーバにSEPサーバを立てる場合、IISが必要。
【サーバの役割の追加】から、IISデフォルトと以下の関連サービスをインストール。
(付随して自動チェックされるものもインストールのこと)

・ISAPI拡張
・ASP.NET
・CGI
・IIS6.0管理互換


☆2008のファイアウォールは必ず【無効】にすること!!
 これをしないと、下記の問題が出る。
 ・SEPマネージャにホスト名が出てこない。
 ・SEPクライアントの常駐マークに、緑ランプがつかない。
 ・クライアントのSymantec Management Clientサービスが自動で立ち上がらない。


☆デフォルトのクライアントインストールパッケージでは、サーバで以下の不具合が出る。

『administratorでログオンできない』

…これは大変です。とにかくアンインストールしましょう。
発生がドメイン所属のサーバなら、ローカルadminでクライアントをアンインストール。
そうでないなら、admin権限のある別のユーザでログインしてアンインストール。

SEPクライアントパッケージのデフォルト下記が原因らしい。
【ネットワーク脅威防止】
【プロアクティブ脅威防止】

>> 参考【Symantec Knowledge basae】
http://service1.symantec.com/support/inter/entsecurityjapanesekb.nsf/jp_docid/20090309112508949?OpenDocument&dtype=corp


…2008が出た時も思ったけど。
セキュリティの世の中とはいえ、ガチガチにし過ぎじゃないの…。
関連記事





Windows Server | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。