--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告
2009/11/22

2008Serverメモ。その5(ごちゃ混ぜ)


細々としたメモ。


>> ADサーバでDNSフォワーダが設定できない(チェックを入れられない)場合
 ⇒DNSゾーンから「.」を削除し、更新を掛ける。

>> nslookupでのDNS名前解決確認方法
 ⇒まずは相手先ドメインのIPアドレス、次にFQDN(コンピュータ名.ドメイン名)で試す。
   これで後者がだめなら、逆引きゾーンを作成すること。

>> 2008のログイン画面「Ctrl+Alt+Delete」でユーザ名の自動入力をしない。
 (最後にログオフしたユーザ名が、次回ログオン時に自動で入力されることを防ぐ)
 ⇒[管理ツール]?[ローカルセキュリティポリシー]?[ローカルポリシー]
  ?[セキュリティオプション]?【対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない】
  ?【有効】にする。


>> リモートデスクトップについて
【Remort Desktop Users】に所属しているのに「権限が足りない」と怒られる場合。

1.DCの【ドメインコントローラ セキュリティ ポリシー】を開く。
2.【セキュリティの設定】-【ローカルポリシー】-【ユーザー権利の割り当て】
 -【ターミナルサービスを使ったログオンを許可する】を【有効】にし、
 必要なユーザまたはグループを追加する。

関連記事






Windows Server | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。