2009/11/28

コマンドいろいろメモ。


★現在動いているプロセスを確認する
net start

★ユーザの詳細を表示
net user ユーザ名

★リモートデスクトップで本体画面を奪って作業する
mstsc /console

★「schtasks」コマンド
「schtasks /end /tn タスク名」
現在実行中のタスクを強制的に停止する。サービスは止めない。
/tnでタスク名の指定が必要。
/end部分が/runなら、指定したタスクを「今すぐ実行」する。

★「cacls」コマンド2
「cacls 共有フォルダのパス > ファイル名」
…その共有フォルダに設定されているアクセス権限を表示し、ファイルにエクスポート

★「set」コマンド…環境変数の設定および表示。
ちょっと便利(?)な使い方。Windows 2000/XP の場合。
実行後、リストの中に"LOGONSERVER=\\xxxx" という結果が表示される。
その部分が自分自身のコンピュータ名であればキャッシュログオン。
通常はドメインコントローラのコンピュータ名(もしくは自分自身)が表示される。

★「ntbackup」コマンド…バックアップを取る。
2000と2003、およびXPはすべて画面が同じ。ただし2008とVISTAは違うので注意!
コマンドプロンプトで「ntbackup」と叩けば、ウィザードが走る。
後はGUIで簡単操作。

関連記事






Windowsコマンド | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示